ニュース一覧

食べ物で肌をきれいに

スキンケア

肌によい食べ物とは

美肌には体の中からのアプローチと体の外からのアプローチの二つが必要です。体の中からのアプローチで最も重要なのは食べ物です。肌は食べたものから作られるためです。食べ物がおろそかになっていては、いくらよい化粧品を使っても焼け石に水です。美肌によい食べ物を考えるときは、何が肌に必要かを考えて選ぶ必要があります。まず最重要なのがタンパク質です。現代人、とくに女性はカロリーを意識するあまり十分なタンパク質がとれていないことが多いのです。肌を含め、体中のすべての細胞にはタンパク質が必要不可欠です。まずは十分なタンパク質をとることを意識しましょう。タンパク質は肉、魚、卵、乳製品に含まれているものが吸収がよくバランスもよいのでおすすめです。また美肌には豊富なビタミンとミネラルも重要です。タンパク質だけとっても、ビタミンとミネラルがなければ上手に代謝されません。ビタミンCなどは抗酸化作用があり、紫外線などの影響を減らしてくれる効果も期待できます。ビタミンミネラルはどれか一種類だけでなく、まんべんなくとるのが大切です。それぞれの種類ごとに配合されている食材は異なりますが、野菜や海藻類、発酵食品を意識してとるとバランスがよくなります。ビタミンCなどは熱や加工に弱いので、なるべく生のものをとるようにするのも大切です。美肌には腸内環境も影響してきます。腸内環境をよくするには食物繊維と乳酸菌が重要です。たっぷりの水分とともに、野菜や発酵食品をとるようにするとよいでしょう。

Copyright© 2018 美肌を保つ秘訣をチェックしよう【保湿を心掛けることが大事】 All Rights Reserved.